ヤング・ボーイズ指揮官が大金星に歓喜「CLの舞台でマンUを倒すことは特別だ」

 ヤング・ボーイズを率いるデイヴィッド・ワグナー監督は、マンチェスター・U戦の勝利を振り返りコメントした。14日、UEFAが公式サイトで伝えている。

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第1節が14日に行われ、ヤング・ボーイズがマンチェスター・Uを本拠地に迎えて対戦。序盤にクリスティアーノ・ロナウドの先制点を許すも、退場者を出したマンチェスター・Uを相手に同点に追いつくと、後半アディショナルタイムの5分にはジェシー・リンガードのバックパスを奪ったジョルダン・シエバチュが土壇場で逆転ゴール。ヨーロッパ屈指の強豪を相手に大金星をあげた。

 ワグナー監督はこの一戦を振り返り、最後まで力を出し切った選手たちを称賛。そして、ホームで選手を後押ししたファンの力にも言及した。

「我々はすでに数試合に勝っているが、チャンピオンズリーグの舞台でマンチェスター・Uを倒すことは特別だ。私はただ、この試合を見た人みんなのことを思うと本当に幸せだよ。この場にいたすべての人たちがその役割を担ったんだ」

「選手たちは限界を超えるまでやってくれた。これは素晴らしいサポートがなければ実現しないことだ。我々は自分たちのインテンシティー、攻撃性、そしてパッションを示したかった。選手は見事にそれをやってくれたし、大きな功績に値するよ」


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)