山田優、娘と初親子共演でリンクコーデ披露「いつもと違う緊張感」

【モデルプレス=2021/09/14】モデルの山田優が、カジュアルファッションブランド「Gap(ギャップ)」のFALL2021キャンペーンで娘と初親子共演を果たした。

【写真】小栗旬、妻・山田優からのサプライズバースデーで号泣 嵐・松本潤から暴露

◆山田優、娘と初共演「娘がやりたい!と言ったので」

Spring 21、Summer 21キャンペーンに続き、今秋もあらゆる世代にインスピレーションを与える5組が登場。山田と娘のほか美容家・タレントのIKKO、歌舞伎俳優の市川猿之助、俳優・ミュー ジシャンの櫻井海音、モデルの長谷川ミラを起用した。

5組はGapのデニムやスウェット、Tシャツ、カーキといったアイコンアイテムを身に纏い、常に時代とともに進化し続けるGapのアメリカンスタイルを披露している。

山田は、トップモデルとしての顔だけでなく、娘との共演により母としての優しい表情も覗かせる貴重なショットを披露。今回の出演にあたり、山田は「初めて娘と共演したのでいつもと違う緊張感はあったけど、すごく嬉しくて自然と笑顔になったりして、今までとは違った雰囲気の写真になっていると思います。娘との共演は最初悩みましたが、娘がやりたい!と言ったので、その気持ちに応えたいと思い、お引き受けさせて頂きました」とコメント。

「Gapは、赤ちゃんからお母さんお父さん、おじいちゃんおばあちゃんまでみんなが着れる服が揃っているのが魅力です。小さいころからGapで買い物をしていたし、最近でも子供たちの服を買いに行きますし、なくてはならない存在です」とGapの魅力を語っている。山田と娘のリンクコーディネートにも注目だ。

◆IKKO・市川猿之助も登場

IKKOは、「Gapからオファーがあった時に、本当に私でいいのかなと思いました。最近は着物やドレスを着ることが多いですが、Gapを着ている私がより素敵に綺麗にみえていると嬉しいです。Gapは世代層に合う幅広いサイズ展開と、フォルムの美しさやカラーバリエーション、そしてデニムのストレッチ性が魅力だと思っています。同じようにみ えるものも微妙な変化や違いがある。そこがGapは極めていますよね」とコメント。

市川猿之助は、「Gapが日本に上陸して初めてフリース素材というものを知り、こんなに軽くて暖かいものがあるのだと知ったのを覚えています。海外に行った時、急遽お洋服が欲しくなったときに、日本で品質を確かめているGapがアメリカにもあるので、海外でも安心してGapに足を運んでいます」と明かしている。

◆レスリー・キーが撮り下ろし

写真は今回もフォトグラファーのレスリー・キーが撮影し、出演者の個性を引き出す自分らしいスタイルと、モダンに進化したアメリカンカジュアルの魅力を発信。

レスリー・キーとGapは、LGBTQポートレートプロジェクト「OUT IN JAPAN」の第一弾で、111名のポートレートをGap店舗で展示を行うなど、様々なコラボレーションを行ってきた。2021年の春夏、そして今秋のキャンペーンでもレスリー・キーが、Individuals of styleをテーマに5組の個性を引き立つ写真を撮り下ろしている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】


externallink関連リンク

【写真】小栗旬、妻・山田優は“Fカップ”と暴露される「なんであいつが知っているんだ(笑)」【写真】山田優、小栗旬から「優のためなら何でもするから戻りたい」交際時の秘話を告白【写真】小栗旬&山田優がLA降臨 海外セレブ集結のイベント参加
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)