石破氏、出馬見送りへ=河野氏支援を検討―自民総裁選

 自民党の石破茂元幹事長(64)は14日、菅義偉首相の後継を選ぶ党総裁選(17日告示、29日投開票)への出馬を見送る意向を固めた。河野太郎規制改革担当相(58)を支援する方向で検討する。複数の関係者が明らかにした。15日の石破派臨時総会で態度表明する考えだ。
 石破氏の出馬見送りにより、総裁選は岸田文雄前政調会長(64)、高市早苗前総務相(60)、河野氏による三つどもえの構図がほぼ固まる。党内各派閥の動きが活発化しそうだ。
 石破氏は13日、河野氏と総裁選をめぐり約20分間会談。河野氏は「仮に当選した暁には挙党態勢をつくりたい」と協力を呼び掛けた。これを受け、石破氏は周辺に「河野氏ならこれまでの自民党政治の継承にならない」と語った。
 石破氏は総裁選で過去4回敗れており、派内では出馬慎重論が拡大。所属議員が17人まで減る中、推薦人20人の確保を危ぶむ声も出ていた。
 総裁選では野田聖子幹事長代行(61)も出馬を模索しているが、推薦人の積み上げが難航しているもようだ。
 一方、最大派閥・細田派は14日の臨時総会で、総裁選に向けた対応を協議。派内の支持は岸田、高市、河野各氏に割れており、事実上の自主投票となる見通しだ。 
〔写真説明〕自民党の石破茂元幹事長=13日、東京都千代田区の衆院議員会館(代表撮影)


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)