イスラエル首相がエジプト訪問=10年ぶり、パレスチナ情勢協議

 【カイロ時事】イスラエルのベネット首相は13日、エジプト東部シャルムエルシェイクでシシ大統領と会談し、緊張が続くパレスチナ自治区ガザの情勢や中東和平問題などを協議した。イスラエル現職首相のエジプト訪問は2011年1月以来。大統領府によると、シシ氏はガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエルの緊張緩和のため、双方による自制の必要性を訴えた。
 イスラエルとハマスは今年5月に大規模交戦に発展し、エジプトが停戦合意を仲介した。だが、ハマスは停戦後もイスラエル領内へのロケット弾攻撃などを繰り返し、イスラエルも報復としてガザの軍事施設を空爆。攻撃の応酬に伴う対立激化への懸念が再び高まっている。 
〔写真説明〕13日、エジプト東部シャルムエルシェイクで、シシ大統領(右)と会談するイスラエルのベネット首相=エジプト大統領府が公表(AFP時事)


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)