イタリア代表OBがジョルジーニョを称賛「バロンドールにふさわしい」

 元イタリア代表FWジャンフランコ・ゾラ氏が、チェルシーに所属する同国代表MFジョルジーニョについて言及した。21日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ジョルジーニョは、チェルシーで2020-21シーズンの公式戦43試合に出場し8ゴールを記録。同クラブでチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献すると、イタリア代表として臨んだEURO2020でも優勝の立役者となった。

 そんなジョルジーニョの活躍を受け、かつてチェルシーでもプレーしたイタリア代表のレジェンドであるゾラ氏は「ジョルジーニョはバロンドールにふさわしい。彼はチームにバランスとリズムをもたらしてくれる。私は幸運にもチェルシーで彼を迎え入れることができた。(マウリツィオ)サッリのアシスタントをしていたから、ジョルジーニョがもたらすものをよく知っているんだ」と絶賛した。

 また、ゾラ氏は「ジョルジーニョが受賞に値するのは、個人として高いレベルのパフォーマンスを発揮しただけではなく、彼が所属するチームが優れていたからだ。それは考慮に入れなければならない」とCLとEURO2020を制覇した2チームの結果も選考に反映するべきだと語った。


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)