横浜FC、今月末でDFヨン・ア・ピンとの契約満了を発表「去るタイミングがやってきました」

 横浜FCは21日、オランダ人DFカルフィン・ヨン・ア・ピンが2021年7月31日もって契約満了となることを発表した。

 現在35歳のヨン・ア・ピンはオランダのヘーレンフェーンやフィテッセでのプレーを経て、2011年に清水エスパルスに加入した。2016年にはFC町田ゼルビアへ移籍した後、2017年から横浜FCでプレーしていた。2019シーズンには明治安田生命J2リーグで42試合に出場し、J1昇格に貢献したが、その後はケガの影響もあり、思うように試合に出場することができず。今季はここまでJ1リーグで1試合の出場にとどまっていた。J1通算では98試合の出場で1得点、J2通算では147試合の出場で4得点を記録した。

 契約満了が決定したヨン・ア・ピンはクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントを発表している。

「ファン・サポーターの皆さん。まず、私自身の口から皆さんに伝えたく、クラブの了解を得て先立って私の個人のSNSでお伝えさせてもらいました。私がクラブに来た5年前は横浜FCはリーグの順位も良い状態ではありませんでした。イバが加入し、自分が加入し、ジョン、レアンドロが来たことによって、日本人のザト(中里崇宏)、ノム(野村直輝)、謙介(佐藤謙介)たちと一緒に良い時代を築くことができました」

「僕たちが、チームが強くなることでマサ(田代真一)や伊野波(伊野波雅彦)など良い選手が集まるようになり、次の世代の光毅(斉藤光毅)や克(中山克広)に影響を与え、チームのレベルもアップしJ1に昇格することができました。私はいつもこの時の美しいサッカーを忘れることができず、思い出します。J1に昇格し美しいサッカーを展開でき、自分のキャリアの中でもとても良い時期でした。ファンのみなさんも同じ想いでいてもらえると嬉しいです」

「本当はもう少し良い形でクラブを去りたかったけど、残念なことに怪我をしてしまって、せっかくJ1に昇格したのに非常にもったいないと感じています。今は怪我をする前のコンディションまで回復していますが、時間がかかりすぎてしまい、チームの力になることができなかったことを悔やんでいます。今はもう良い時代を築いた選手たちの多くが去ってしまい、自分も去るタイミングがやってきました。この先まだ何も決まっていないですが、自分が満足するものを見つけたいし、それがサッカーであることを願っています。サポーターのみなさん、今まで本当にありがとうございました」


externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)