「考え始めると難しいのがスイング」 堀琴音に起きていた“狂い”そして“復調”の要因は?【辻にぃ見聞】

トータル14アンダーと並んでホールアウトした若林舞衣子をプレーオフでくだし、プロ8年目の堀琴音がツアー初優勝を挙げた「ニッポンハムレディス」。勝負を決するパーパットを沈めた後、笑顔をみせたのはほんの一瞬で、すぐに「苦しかった思い出が全部こみあげ、頭が真っ白になった」と両手で顔を覆い涙を流した。ここ数年間続いた“大不振”を乗り越えてたどり着いた今回の優勝劇を、上田桃子らのコーチを務める辻村明志氏はどのように見ていたのか?

■不振にあえでいた時の堀の状態は…

4日間を通じ、フェアウェイキープ数は56ホール中47回(83.9%)、パーオン数は72ホール中53回(73.6%)。この初勝利を手繰り寄せた大きな要因が、ショットにあることは明白だ。不振も「真っすぐ飛ばなかった」というショットが原因となり引き起こされたもの。正真正銘“スランプ”を脱したと言える4日間だった。辻村氏は、この苦しんでいた時期の堀をこう見ていた。

「2018年は、とてつもないプッシュボールを打つシーンを何度も見かけました。もともと持ち球はハイドローの選手で、しっかり振り抜いて、大きく右に出てもしっかり戻ってくるという球筋。でも苦しんでいた時期は、右45度に飛ぶようなティショットも出ていました。こうなると、多くの選手が手で修正をし始める。その結果、手と足のバランスが失われ、それが大きな振り遅れにつながってきます。思ったよりも手元が浮き、ヘッドが出ず、体が浮いてハイプッシュに…。そんな悪循環に陥っていました」

14年にプロ転向し、翌年には約2930万円を稼ぎ賞金シード入りを果たした。パーオン率を見るとその15年は10位。さらにキャリアハイとなる約7052万を稼いだ16年は8位だった。「この時期はパットで苦しんでいたように見えたけど、これさえ決まっていれば2つ、3つは勝っていたと思う」(辻村氏)というほど、切れのあるショットは生命線だった。しかし、シードこそ守ったものの、堀本人が「終盤頃から(ショットに)違和感を覚えだした」という17年は33位に。そして18年には95位まで落ち込み、シード選手の肩書を失った。

■プロにとっての“スランプ”とは?

さらに19年には、稼ぎが42万6000円まで激減。この18年、19年を見るとレギュラーツアー出場44試合のうち、予選を通過したのはわずかに6試合だった。「ゴルフをやめたい」。そう思ったのもこの時期だ。もちろん、浮き沈みの幅に個人差はあるが、辻村氏はこのスランプを“プロアスリートの宿命”という見方もしている。

「プロになると上には上がいる。デビュー直後は勢いで成績を出せても、段々と怖さも覚えてくるし、リスクマネジメントも考え出す。どんな打ち方でも、自信がある時は何も感じない。ただ“考え始めると難しい”のがスイングなんです。『もっとよくしたい』という向上心は、プロなら必ず持っているもの。その結果としてのスランプは、多かれ少なかれ誰もが通る道といえます」

堀も優勝会見で、「ツアーに出始めた頃は、勢いだけでシードを獲って、技術もなかったですね」と当時を振り返っていた。そしてこの席では、その“勢い”が“狂い”に変わった瞬間についても言及した。それが17年の「大王製紙エリエールレディス」2日目の2番ホール。トリプルボギーを叩いた場所だ。「OBを打ったんですけど、その時に『おかしいんじゃないか?』と思うようになって。それくらいから、かみ合わなくなっていきました」。この言葉に、辻村氏は深くうなずいた。

「選手は、スランプの原因になるショット、アプローチ、パターというのは記憶しているもの。『あの時のあの1打から』というのは分かるものなんです。そして、それを修正しようと、どんどん細かい部分を求め出し、ある日、自分の感覚が戻らなくなっていることに気づく。イメージと違う球が出る、あれ、なんでだろう? こんな深みにはまることは少なくありません。これがスイング修正の怖さでもあります。パッティングだって、何も考えずに打てる時が一番うまい。でももっとうまくなろうと考える必要があるのがプロの世界なんです」

■持ち球をフェードにしたことでの“効能”

そんな状態を理解しているだけに、辻村氏は堀に「よく帰ってきてくれました」と拍手を送る。そして、この復活劇を語るうえで外せないのが、堀自身もポイントに挙げる、ドライバーショットをフェードに変えた点だ。ではこれがどんな影響を及ぼしているのだろうか? 辻村氏は、こう分析する。

「中弾道のフェードボールを打つようになったことで、左への振り抜きにスキがなくなりました。以前は、ステップ打ちというか、インパクト後も左へのスウェーが大きく、体が回っていなかった。ヘッドも出ずにフォロースルーがないような状態。でも今は、左へ打ち出す意識があるからでしょうが、回転するタイミングが早まり、左ヒジも低く抜けていくようになりましたね。フェードヒッターの動きに合っています。今週もクルクル回転して、格段にスウェーは小さくなっていました」

「まだ気持ち悪さと戦っている部分はあるのではないか」と堀の心中をおもんぱかったが、やはり辻村氏もこのフェードへの持ち球変更が、スイング面にもいい効果をもたらしていると感じている。

■選手の深い心理を知る…コーチの役割とは?

上記のことも含め、堀が優勝会見などで、何度も感謝を口にした森守洋コーチの存在も大きい。18年から指導を受け、“どん底”からすくい上げる役割を担った1人だ。「初めて会った時に『私イップスですかね?』って聞いたら、『絶対違うよ』と言ってくれたのが森さんだけでした。あの時すごく楽になりました」。「どんなに悪い時でも、絶対にネガティブな言葉をかけないコーチ。会うと毎回ポジティブになれるので、くじけずできた」。その信頼は揺るがない。

辻村氏は、今回の優勝の布石として、その森コーチが堀のキャディを務めた今年4月の「KKT杯バンテリンレディス」(6位タイ)、6月の「アース・モンダミンカップ」(4位タイ)を挙げる。

「自分をよく知っている人とラウンドする回数が多くなるにつれ、自分の出し方や、調子が50%の時にどうするかなどが段々と分かってくる。試合では、すべていいショットを打つ必要はない。ここは無理をする場所ではない、などを流れに沿ってアドバイスするためには、その選手のゴルフをよく知っている必要もあります。2人で場数を踏み、バンテリンで自信が出て、アースで勝てるかもという世界が見えたのではないでしょうか」

実際に堀も、「今は50〜60%の調子でも頑張るという気持ちでやるようになったら、ゴルフが楽になりました」と話し、そのきっかけが「毎回100%でできるわけは無いからという言葉をかけてくれたのも森さんです」と明かしていた。このほかにも、アース最終日の最終ホールで順位が変わるバーディパットを打つ際に、「森さんに『打ち方がわからないです』と聞いたら、『強い気持ちで打つ、それだけ』と言われて、それでしっかり打てました」という話もしていた。

辻村氏は、「追い込まれた時、選手に自信を持たせるのはそういう言葉。みんな最後は沈みそうになるものですから。コーチというのは選手の深い部分の心理まで知っておかないといけないと、私は思っています」と同じプロコーチという立場として話す。技術面はもちろん、堀を最後に支えた“自信”。苦しみのなかで、それを作り上げた師弟の3年間を労い、そして「本当におめでとう」と祝福、賞賛した。

解説・辻村明志(つじむら・はるゆき)/1975年9月27日生まれ、福岡県出身。ツアープレーヤーとしてチャレンジツアー最高位2位などの成績を残し、2001年のアジアツアーQTでは3位に入り、翌年のアジアツアーにフル参戦した。転身後はツアー帯同コーチとして上田桃子、山村彩恵、松森彩夏、永井花奈、小祝さくら、吉田優利、阿部未悠らを指導。様々な女子プロのスイングの特徴を分析し、コーチングに活かしている。プロゴルファーの辻村明須香は実妹。ツアー会場の愛称は“おにぃ”。


externallink関連リンク

■ニッポンハムレディスの成績をおさらい ■復調の堀琴音が取り組む「すごい原始的」な練習法とは? ■森守洋コーチに聞いた、堀琴音復調の理由 ■姉の奈津佳も“サプライズ登場” 優勝を決め姉妹ツーショット【写真】 ■堀琴音 最近の成績をここで振り返る
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)