学校へ連絡だけじゃ不十分だったかも…? 心配になり警察官の兄に相談【娘の友達に困った時の話 Vol.14】

■前回のあらすじ
学校に叔母さんとのトラブルの一件を話すと、どうやら学校も状況は把握していた様子。専門機関に連絡してくれると聞き、ひとまず安心します。

■警察官の兄に相談してみた

※児相=児童相談所


■きららちゃんの様子が知りたい…!



叔母さんとの闘いの数日後、実家に行ったときに警察官の兄がいたので聞いてみた時のお話です。

警察官代表としての意見ではなく、兄としての意見なので、兄としてはそこまで背負わなくていいよって感じだったのだと思います。

決して、児童相談所に連絡は不要、という意味ではありません!

※この記事はあくまで筆者の体験談です。お子さんやお友達についてこのような心配ごとがありましたら専門機関にご相談ください。
次回に続く(全19話)「娘の友達に困った時の話」は毎日17時更新!

0

externallink関連リンク

▶︎次回 Vol.15 授業参観の日、きららちゃんのクラスに行ってみると…◀︎前回 Vol.13 学校もきららちゃんの家庭のことを知っていた? あとは先生方に任せることに…【全話読む】 娘の友達に困った時の話不倫を企む男のヤバイ本音、30代の主婦は落としやすい!?【狙われる30代主婦】絶対あんな親になんかなるもんか…!【母親が大嫌いだった私が「親になって知ったこと」】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)