デシャンボーも真っ青 439ヤードを飛ばす新星、ウィルコ・ニーナバーが米ツアーデビュー

今週のパルメトー選手権にスポンサー推薦で出場、米PGAツアーデビューを飾ったのは南アフリカの新星、ウィルコ・ニーナバー、21歳。欧州ツアー屈指のロングヒッターとして知られるニーナバー、初日のラウンドでは1番で376ヤードを飛ばすなどこの日の平均飛距離は340.3ヤード(※計測ホールでは352.7ヤード)を記録し1位につけた。

19年にプロ転向したニーナバーは今年5月、欧州ツアーのディメンション・データプロアマ(南アフリカ)で欧州ツアーを初制覇、21年シーズンは母国南アフリカのサンシャインツアーで賞金レース首位につけ、17日に開幕する「全米オープン」選手権の出場権を獲得、メジャーデビューも果たす。

幼少のころにはラグビー、テニス、クリケットをプレーしたスポーツ少年は、ゴルフのトップアマとしてその名を知られたが、一躍注目を集めたのは昨年11月、欧州ツアーのヨバクオープンの初日、4番パー5でドライバーのティーショットは439ヤードをマーク、欧州ツアー1の飛ばし屋となった。

パルメトー選手権初日は68の3アンダーで19位、トップとは4打差につけているが、そのドライバーショットは必見。(武川玲子=米国在住)

0

externallink関連リンク

■パルメトー選手権 初日の結果 ■吉田優利は“左足の拇指球”を踏み続けて、『スピード』と『ミート率』を両立する【ゴルフの飛距離アップ】 ■“スイングマシーン”小祝さくらは、ヘッドカバーでカット軌道を防いでいた!【ゴルフの飛距離アップ】 ■原英莉花は『投手の動き』でカット軌道を修正 「左肩を我慢しながら右ヒジを先行させます」【ゴルフの飛距離アップ】 ■河本結はなぜスプリットハンドで練習する? 「ドライバーもハンドファーストが飛びます」【ゴルフの飛距離アップ】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)