デル・ピエロ氏が36歳C・ロナウドの来季に言及「彼は5年前にできていたことが…」

 現役時代にユヴェントスやイタリア代表で活躍したアレッサンドロ・デル・ピエロ氏が、自身の古巣に所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。10日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 今シーズン、C・ロナウドはセリエAで33試合出場29得点を記録し、得点王を獲得。しかし開幕前にアンドレア・ピルロ監督を迎えたチームは4位で終わり、リーグ10連覇を達成することはできなかった。

 そして来シーズン、同クラブではマッシミリアーノ・アッレグリ監督の復帰が決定。デル・ピエロ氏は新たなシーズンへ、現在36歳のC・ロナウドの活躍を期待しているようだ。自身の見解を提案しつつ、以下のように語っている。

「来シーズンも今シーズンと同じような成績を期待するなら、クリスティアーノはアッレグリとチームに話をするべきだ。選手がしっかり機能するか見極める必要があり、彼は5年前にできていたことができなくなる段階に入っているだろう。彼の非常に高い潜在能力に合わせて、チームのプログラムを変えることも考えるべきだと思う」

 また、デル・ピエロ氏は1シーズンで解任となったピルロ監督についても「アンドレアだけでなく、ユヴェントス全体が大変なシーズンだった。彼に全ての責任を負わせるのは不公平だ」と語り、現役時代ともにプレーした指揮官を擁護した。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)