米消費者物価、5.0%上昇=12年超ぶり高い伸び―5月

 【ワシントン時事】米労働省が10日発表した5月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比5.0%上昇となり、2008年8月以来12年9カ月ぶりの高い伸びとなった。変動の激しいエネルギーと食品を除いたコア指数は3.8%上昇と、伸び率は1992年6月以来約29年ぶりの大きさだった。
 新型コロナウイルス危機直後の物価下落の反動、経済再開に伴う需要拡大に供給が追い付いていないことが背景。全体の伸びは前月(4.2%)からさらに加速し、市場予想の4.7%を上回った。 

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)