高たんぱく低カロリーだけじゃない「カニカマ」の実力

たんぱく質ブームの現在、たんぱく質を手軽に摂取できる商品が色々と発売されています。そんな中、”高たんぱく低カロリー”な食材として「カニカマ」が話題に。

カニカマ(100g中)のたんぱく質量は12.1g、脂質は0.4g、カロリーは89kcalと、まさに高たんぱく低カロリー。しかもパッケージを開ければ調理不要ですぐに食べられるというのも人気の理由でしょう。

さらに、”高たんぱく低カロリー”の陰に隠れてそれほど注目されていないのですが、実はカルシウムが非常に豊富というメリットもあるんですよ。

カニカマのカルシウム量は120mg(100g中)。牛乳は110mgなので、これはカルシウム食品の代表である牛乳よりも多いのです!

つまりカニカマは、筋肉だけでなく骨の健康にも役立つ食材なのです。

ただ、ひとつ注意してもらいたいのが塩分です。カニカマの塩分量は魚の練り物の中でトップクラス。よって「高たんぱく低カロリーだから」と、日常的に食べていると塩分のとり過ぎになってしまう可能性があります。

食生活に取り入れるなら、料理の材料のひとつとして使ったり、たんぱく質補給アイテムのローテーションのひとつとして利用したりするのがおすすめです。

今回は、お弁当の隙間埋めに役立つカニカマの飾り結びをご紹介します。

■カニカマの飾り結び
1、カニカマ1本を3つに手でさく。

2、1本ずつ丸く結ぶ。

■カニカマのロール巻き
1、カニカマ1本を平べったくなるような向きから2つに手でさく。

2、端から巻き、短く切ったスパゲティーを刺して止める。

スパゲティーは時間が経てばやわらかくなります。

お弁当の赤いおかずはミニトマトが定番ですが、ミニトマト以外の赤いおかずとしていかがでしょうか。

お子さんのカルシウムアップにも一役買いますよ。

0

externallink関連リンク

【カニ風味カマボコ】のレシピはこちら【E・レシピ特集】「難しいこと抜き!簡単お弁当おかず入門編」はこちら【E・レシピ特集】「彩りあざやか!作り置きお弁当おかず」はこちら5分で完成! 優しい甘みがおいしい「新玉ネギのサラダ」スペインバル気分を味わって! 「タコとジャガイモのガリシア風」
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)