学校もきららちゃんの家庭のことを知っていた? あとは先生方に任せることに…【娘の友達に困った時の話 Vol.13】

■前回のあらすじ
落ち込む娘を励ましながら帰宅。娘の大切な友達を守るために今できることを、と思い学校へ事の顛末を伝えるため電話をしました。

■学校へ事情を説明してみると…


■学校側の回答は…



※児相=児童相談所

■ちゃんと対応してくれるか、念押し!



きららちゃんを早く助けたい焦りと、学校側が迅速に対応してくれるのかの不安が頭の中を駆け巡り、しばらく心配でたまりませんでした…。

次回に続く(全19話)「娘の友達に困った時の話」は毎日17時更新!

0

externallink関連リンク

▶︎次回 Vol.14 学校へ連絡だけじゃ不十分だったかも…? 心配になり警察官の兄に相談◀︎前回 Vol.12 娘の大切な友達を守るため、いま私にできることは…【全話読む】 娘の友達に困った時の話【新連載】「あなたのためなら何でも!」そんな母が勧めたのは整形だった…【親に整形させられた私が、母になる】絶対あんな親になんかなるもんか…!【母親が大嫌いだった私が「親になって知ったこと」】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)