国会3カ月延長要求へ=野党、内閣不信任の構え

 立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党首は10日、国会内で会談し、16日に会期末を迎える今国会会期を3カ月延長するよう求める方針で一致した。与党が拒否した場合、内閣不信任決議案の提出も視野に「新たな対抗措置」に踏み切る。与党の出方を見極めつつ、週明けにも提出することを検討する。
 会談には立憲の枝野幸男代表、共産の志位和夫委員長、国民の玉木雄一郎代表、社民の福島瑞穂党首が出席した。9日の党首討論で野党が要求した東京五輪・パラリンピック開催の意義や安全性、新型コロナウイルス対策を柱とする2021年度補正予算編成、補正予算案処理のための会期延長に、菅義偉首相が「ゼロ回答」だったと批判。菅政権のコロナ対応や、五輪開催を強行しようとする姿勢は容認できないとの認識で一致した。 
〔写真説明〕会談に臨む立憲民主党の枝野幸男代表(中央)、国民民主党の玉木雄一郎代表(同左)、共産党の志位和夫委員長(同右)ら=10日午後、国会内

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)