まん延防止、午後に解除決定へ=群馬、石川、熊本3県―政府

 政府は10日午前、新型コロナウイルス対策の基本的対処方針分科会を持ち回りで開き、群馬、石川、熊本3県に適用中の「まん延防止等重点措置」について、期限の13日で解除する方針を示し、了承された。この後、西村康稔経済再生担当相が衆参両院の議院運営委員会理事会に事前報告。10日午後に政府対策本部を持ち回りで開き、正式決定する。
 政府は、3県の新規感染者数などの低下傾向が続いていると判断し、延長せずに解除することとした。これに関し、加藤勝信官房長官は10日の記者会見で「3県はまん延防止等重点措置を終了しても感染が県全体に拡大する恐れがなくなった」と指摘した。
 一方、東京、大阪など10都道府県に発令中の緊急事態宣言、埼玉など5県に適用中の重点措置に関しては、17日にも解除の可否を判断する見通し。いずれも20日までが期限となっている。加藤長官は会見で、宣言について「基本的対処方針にのっとって、感染状況を踏まえ慎重に検討する」と述べるにとどめた。 
〔写真説明〕衆院の議院運営委員会理事会に出席した西村康稔経済再生担当相(左から2人目)=10日午前、国会内
〔写真説明〕記者会見する加藤勝信官房長官=10日午前、首相官邸

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)