米、TikTok禁止撤回=リスク再検証を指示―大統領令

 【ワシントン時事】バイデン米大統領は9日、中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」などの提供や利用を米国内で禁じたトランプ前大統領の命令を撤回した。新たに大統領令を出し、国家安全保障に脅威をもたらす外国製の情報通信技術とサービスのリスクを再検証するよう、レモンド商務長官に指示した。中国系アプリやソフトウエアへの制裁を視野に入れる。
 トランプ氏は中国当局への情報流出の懸念を理由として、ティックトック米国事業の「売却」か「禁止」を命じたものの、アプリ禁止が裁判所で差し止められて実現していない。バイデン氏は大統領令で、新たな個人情報保護策を120日以内に提言するよう商務長官に求めた。「証拠に基づく」分析を徹底し、今後講じる「追加の行政措置や立法措置」の法的根拠を明確にする狙いだ。 

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)