JO1鶴房汐恩、“夢を叶える秘訣”の回答でらしさ全開 新曲「Design」の魅力も語る<「CHALLENGER」インタビュー>

【モデルプレス=2021/05/05】4月28日に3RDSINGLE「CHALLENGER」をリリースしたグローバルボーイズグループJO1のモデルプレスインタビュー。鶴房汐恩(つるぼう・しおん/20)に収録楽曲の注目ポイントや、夢を叶える秘訣を聞いた。

【写真】JO1鶴房汐恩「DNA」“シンメ”佐藤景瑚の初めの印象・武器は「ブレない」意志の強さ

「CHALLENGER」のコンセプトは“JO1、未知の世界へ踏み出す”。メインボーカルの河野純喜がセンターを務める表題曲「Born To Be Wild」は、恐れと期待を胸に、力強くドアを開け一歩を踏み出し力強く乗り越えていく“挑戦” がテーマの楽曲となっている。

◆鶴房汐恩、新曲「Design」の魅力とは

― 表題曲の「Born To Be Wild」以外の楽曲で注目して欲しいポイントはありますか?

鶴房:ショーケースで披露した「Speed of Light」は過去一レベルに難しいんですけど、「Design」も難しいんです。「Speed of Light」が難しすぎて薄れちゃっていますが。これも結構振りに苦戦した曲で、個人的に「Born To Be Wild」は何回も聴いてかっこよさがより伝わる曲だと思うんですけど、「Design」は初見で聴いたときのインパクトが大きくて、すぐにかっこいいと伝わる曲だと思います。

◆鶴房汐恩、今後挑戦したいヘアスタイルは?

― リリースによって毎回変わる皆さんのビジュアルも話題ですが、今後したいヘアスタイルなどはありますか?

鶴房:僕は今回ブルーなんですけど、基本的にこだわりがないので次も何でもしますよ。あえて言うなら透明とか1回してみたいですね。

一同:(笑)

白岩瑠姫:スキンヘッド?

鶴房:坊主でも(笑)。

◆鶴房汐恩、今後の課題は?

― 個人としての今後の課題を教えて下さい。

鶴房:身体を整えます。整体とかに通っていつでも100%にします。

◆鶴房汐恩の“夢を叶える秘訣”

― 夢を追うモデルプレス読者に向けてご自身の経験を踏まえて“夢を叶える秘訣”を教えて下さい。

鶴房:「天上天下唯我独尊」。

「自分が一番!」とまでは行かなくとも、「自分はなんかある」と思うと良いと思います。環境とか運もあると思うんですが。僕も自分の好きなように生きていたらこうなりました(笑)。

(modelpress編集部)

◆鶴房汐恩(つるぼう・しおん)プロフィール

生年月日:2000年12月11日

出身:滋賀県

◆JO1 プロフィール

サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」において、“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者による国民投票で、101人の練習生から勝ち抜いた豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨の11名によるボーイズグループ。グループ名は、「PRODUCE 101 JAPANで一緒に上を目指した練習生が1つになって、世界の頂点を目指していく」という意味を込めて「JO1」と名付けられた。

2020年3月4日に発売したデビューシングル「PROTOSTAR」、8月26日に発売したセカンドシングル「STARGAZER」は、ともに「Billboard JAPAN Top Single Sales」初登場1位(3/16付、9/7付)11月25日に発売した1STアルバム「The STAR」は、「Billboard JAPAN Top Albums Sales」において1位(12/7付)と、リリースした全作品で1位を獲得。Twitter Japanの「2020 もっとも使われたハッシュタグ:ミュージック」で1位を獲得した“拡散力NO.1”のグローバルボーイズグループ。

【Not Sponsored 記事】

0

externallink関連リンク

【写真】JO1鶴房汐恩、コンビニ店員姿でメンバーに接客 アルバイト時代を振り返る【写真】JO1鶴房汐恩、恋愛に発展するには?潔い回答にスタジオ驚き【写真】JO1川西拓実&鶴房汐恩、共演したいアーティストは?お風呂でどこから洗う?
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)