ローラ・ボーが全米女子OP予選会に挑戦 本命は全米シニア女子OP

1970年代、「グリーンの妖精」と呼ばれ女子ゴルフ界を席巻したのがローラ・ボー(米国)。そのチャーミングな笑顔は日本でも大人気でテレビコマーシャルにもひっぱりだこだったから、今なお覚えている往年のファンも多いだろう。

そのボーは現在65歳、「週に4〜5回は16キロを走り、ドライバーの飛距離は260ヤード。カートで一日2ラウンド以上プレーする」というゴルファーだ。

4月26〜5月4日に米国を中心に世界中で開催された「全米女子オープン」の予選会で、ボーはフロリダ州ブラデントンに挑戦。一日36ホールという過酷な戦い、結果は1ラウンドを終えてあえなく棄権となったが、「私にとっては競技ゴルフをプレーできる貴重な機会。どうしても逃したくなかった」と話す。

ボーが本当に目指してきるのは7月29〜8月1日に開催される「全米シニア女子オープン」だ。

ボーは71年、16歳で制した「全米女子アマチュア選手権」の覇者として出場権を持つ。今年の開催コースはブルックレーンCC(コネティカット州)で、ここは79年の全米女子オープンでボーが8位と自身の同大会ベストを記録したコースでもある。

「私はまだまだ十分に飛ばせるし、パットも入るしイップスはない。だからやってみようという気になった。問題なのは…、私の年齢だけだわ」と米ゴルフウィーク誌のインタビューに答えている。

ツアー競技を引退してから、アルコールやメンタルで難しい時期も過ごした。4度の離婚を経験して現在はシングル。7人の子供の母でもある。その中の息子、エリック(32歳)は現在米ツアー下部のコーンフェリー・ツアーをプレーするプロゴルファーだ。

昨年6月、PGAツアー本部にほど近いフロリダ州セントオーガスティンに“ローラ・ボー・ゴルフスクール”を設立、アマチュアだけでなくミニツアー、下部ツアーを戦うプロをコーチする。

全米女子オープンではその姿は見られないが、「30歳になれるとは思わないけれど、まだまだ諦めない」とシニア女子オープンに向けて着々と準備を進めている。(文・武川玲子=米国在住)

0

externallink関連リンク

■ワールドレディス サロンパスカップ 初日の組み合わせ ■渋野日向子参戦 ホンダLPGAタイランド 初日の組み合わせ ■上田桃子が流した1時間の涙…「私、限界がきてますか?」 2年ぶりVの舞台裏【辻にぃ見聞】 ■小祝さくら&稲見萌寧も! 女子プロ界に広がる“軽量級”シャフトの存在 ■これは貴重! 脇元華と桜の姉妹対談? 二人は何を語る???
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)