途切れた“酷道”解消へ 岐阜~福井の国道417号「冠山峠」開通見込み立つ

トンネル2本で峠を貫きます!

国道417号の「車両通行不能区間」解消

 国土交通省 近畿地方整備局は2021年4月27日(火)、岐阜・福井県境部で事業中の国道417号「冠山峠道路」について、「2023(令和5)年内」に全線開通予定と発表しました。

 国道417号は岐阜県大垣市から福井県南越前町までを南北に結ぶ路線ですが、両県の境に位置する冠山峠の前後は細い林道が通じているものの、国道は「車両通行不能区間」として途切れている状態です。 冠山峠道路はこの分断区間をつなげる約7.8kmの事業で、県境部を2本のトンネルで貫きます。中京圏と北陸地方を結ぶ北陸道や国道8号の迂回路になると期待されており、中部地方の自治体からなる中部圏開発整備地方協議会が、北陸新幹線の開通を見据え2022年度までの開通を国に要望していました。

0

externallink関連リンク

いまのETC車載器、使えなくなる可能性 2022年には一部がNGに 判別のポイントは? 県道ならぬ「険道」 数は「酷道」よりも膨大? 初心者にはお勧めできない道路たち 日本最長約30kmの「私道」! 行き交うクルマも規格外、なぜできた?
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)