第251話 コロナ禍は今が正念場 建設業界の動向を探る

株の神様の声が聞こえるというTさんは、定期的にその教えを受けています。今日は、Tさんと神様は、海の見えるカフェで投資談義を行っています。


T:新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、日経平均株価も4月20日には500円超の値下がりとなりました。変異ウイルスによる感染拡大が予想以上に手ごわいですね。

神様:感染が拡大している4都府県では「新型コロナウイルス緊急事態宣言」が発令されました。感染拡大に歯止めがかからない厳しい状況です。

T:東京五輪も開催されるのか心配です。

神様:無事開催されるといいですね。今日は気を取り直して、最近の建設業界の動向を見てみましょう。

T:前回(第221話 新型コロナの影響は?建設業界の動向を見る)は2020年前半の動向を確認しましたが、コロナ拡大の影響を最初に受けた時期でした。

神様:今回は2020年全体と、2021年1月~2月の動向について見ていきましょう。

T:よろしくお願いします。

神様:まず2020年全体ですが、ご存知のようにコロナ禍の影響を大きく受けました。建設大手50社の建設工事受注総額は、前年比で8.5%減の14兆3,169億円となり2年ぶりの減少。国内では前年比で7.4%減の13兆8,130億円、海外では前年比で31.2%減の5,039億円と、ともに減少しました。

T:業種別で見た場合、建築工事は減少した一方で土木工事は増加傾向だったのですよね。

神様:その通りです。2020年全体で見ても、土木工事の増加傾向は変わりませんでした。土木工事は、道路や電線路などの公共投資が寄与し、前年比で8.6%増の5兆1,443億円と、2年連続で増加となりました。

T:「電線路」というのは、電線、鉄塔や発電所など、電力を運ぶための設備のことですよね。

神様:その通りです。続いて、2021年1~2月を見てみましょう。建設大手50社の建設工事受注総額は、前年同期比で7.5%増の2兆2,936億円と、増加となりました。ワクチン接種が始まったことで経済正常化への期待が高まり、商談が進んだことが影響していると考えられます。建築工事、土木工事ともに受注が回復傾向にあります。

T:経済活動が回復していけば受注も回復していく」というシナリオ通りとなっていますね。

神様:さらに、建設大手50社の2021年1月末の手持ち工事高は前年同月末比で1.5%増の17兆3,720億円と、2020年に続き高水準を維持しています。これがいずれ業績に貢献することになるでしょう。

T:今後のことを考えると、ここ数か月のコロナ対応がとても重要ですね。何としても感染拡大を防ぎ、経済活動の回復を進めなければなりません。

神様:感染拡大をしっかり抑え込むことができれば、今後は都市再開発や国土強靭化、それから2025年開催予定の大阪・関西万博関連施設など、大型工事の受注獲得が期待されます。まさに、今が正念場です。

T:まずは、我々にできる感染対策をしっかりやりましょう。建設業界、そして日本経済の明るい未来のためにも。

(この項終わり。次回5/12掲載予定)

提供:いちよし証券
「兜のささやき」全話はこちら
○当記事は各種の信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、その正確性・完全性を保障するものではありません。
また、今後予告なく変更される場合があります。

商号等/いちよし証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第24号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会