宗谷本線・東風連駅が改称で「名寄高校駅」に 北に1.6km移設 2022年春

駅ひとつ分ほど北に移動します。

高校生の通学利便性向上へ

 JR北海道は2021年4月8日(木)、名寄市にある宗谷本線の東風連駅について、2022年春に「名寄高校駅」に改称し、現在より約1.6km北側へ移設することを発表しました。 これは名寄市からの要望を受けたもので、名寄高校の通学の利便性向上が目的です。移設にかかる費用は名寄市が負担するとのことです。今回の移設により、駅と名寄高校の距離は約200mに近づきます。 名寄高校駅は、現在の東風連駅と同じ1面1線の無人駅ですが、スロープが新たに設けられます。 ※一部修正しました(4月8日14時40分)。

0

externallink関連リンク

消えゆく「朝礼台みたいなホーム」 北海道では大量廃止へ 国鉄時代の「仮乗降場」 隣の駅までわずか200m!「日本一短い駅間」なぜ生まれた? 国道も関係 JR北海道だけではない、ローカル線廃止の危機
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)