V6井ノ原快彦「初めてお店の金額を見て断った」会計直前のエピソードにス…

4月6日深夜に放送されたTBS系『アメージパング!』に出演したV6・井ノ原快彦が、過去の買い物でのエピソードを語った。
スタジオトークで、井ノ原は、自身が思い出に残っているエピソードがある金額は“38万円”と発表した上で、「あるスタッフに誕生日プレゼントを買ってあげようと思って」と切り出した。
続けて、「とあるバッグメーカーのすごいちっちゃいポーチみたいなのがあったから、俺の読みでは、大体1万円~1万8000円のくらいの間だろうなと思って」「金額を見ないで、『じゃ、これ下さい』って言ったら」と振り返り、レジに持って行ったところ、予想に反して38万円だったと明かした。
そして、「その瞬間、『買わない買わない!』」「『引く引く引く』っつって」「『スタッフも引くからちょっとやめときます、そんな高いと思わなかった、ごめんなさい』つって」と購入をやめたことを明かし、「初めてお店の金額を見て断った」とコメントして笑いを誘った。

0

externallink関連リンク

V6井ノ原快彦、芸能界での親友明かす「同い年だからってことで…」V6三宅健、「案外傷つきます」自身の“イメージ”について心境吐露井ノ原快彦、25周年目で初めてV6のLINEグループを作ったワケとは?「プライベートで…」V6メンバー、デビュー25周年を振り返る「紆余曲折があったからこそ…」A.B.C-Z・河合郁人、V6井ノ原との共演で感激!?したエピソード明かす
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)