何もないと言われ続けて…逆襲の「岐阜羽島駅」 密回避で注目される新幹線駅の地元

東海道新幹線で岐阜県唯一の駅、岐阜羽島駅付近のある地点で地価が初めて上昇に転じました。コロナ禍でテレワークが増えるなか、たまの出社に新幹線を利用できる点は、地元にとって大きな「武器」になりつつあります。

コロナ禍で注目? 岐阜羽島駅

 新幹線の駅なのに周囲に何もない……長年、このように言われることがあった東海道新幹線で名古屋駅の隣に位置する岐阜羽島駅がいま、注目されているようです。 2021年3月24日、地元紙の岐阜新聞webが「岐阜羽島駅前で地価上昇」と報じました。同月に国土交通省が発表した公示地価において、駅徒歩5分圏内の「羽島市舟橋町宮北8の20」で初めて、プラス0.5%の上昇を記録。記事は岐阜県地価公示幹事会の話を交え、テレワークなどの普及と「3密」回避の動きのなかで、混雑する在来線を避けて名古屋駅まで新幹線を利用するという「密を避ける志向が公示地価に鮮明に現れた」としています。

 岐阜羽島駅は1964(昭和39)年、東海道新幹線の開業と同時に開設されましたが、当時、周囲は一面の田んぼであり、今に至るまで「何もない」といわれ続けてきました。また駅前に政治家・大野伴睦の銅像が建つこともあり、「政治駅」の代表のように扱われてきましたが、実際には、関ケ原区間(岐阜羽島~米原)の降雪に備える運行上の必要性もあって駅が設けられたものです。現在は「ひかり」「こだま」合わせ、おおよそ1時間に上下2本ずつが停車します。 そのような岐阜羽島駅で地価が上昇に転じた背景について、羽島市の秘書広報課は次のように分析します。「駅の西側に岐阜羽島ガーデンモールができたほか、もともと田んぼだった駅北側は区画整理が完了し、良質な宅地になりました。住宅展示場などでも人気のエリアとして紹介されています。また、名神高速の岐阜羽島ICがある南部は、大型の商業施設と物流施設が集積し、雇用が拡大しています。もちろん、テレワークができるようになったことで注目されている面もありますが、こうした複数の要因が重なって地価上昇に至ったと考えられます」 市のウェブサイトでは、外部の人を呼び込むうえで、県唯一の新幹線駅がある点をアピールしているといいます。

「移住相談に来る人のニーズが大きく変わった」

 こうした傾向は名古屋圏以外でも同様のようです。 たとえば東北新幹線の小山駅がある栃木県小山市のシティプロモーション課は、移住相談に来る人のニーズが大きく変わったと話します。「テレワークができるようになったことで移住を考えているという人が多いです。以前は、東京から離れた場所で子育てを考えている、あるいは、奥さんが小山市出身なので、という方が多かったのですが、いまは『テレワークできるんだけど、東京から離れすぎたくない』という人がほとんどです」 小山市では以前から、移住者に対して新幹線通勤の補助制度を設けています。ただこれは定期券に対して助成するもので、2020年は出社が減り補助制度を利用する人も一時的に減少したものの、最終的には回復したほか、新たに移住相談に来る人は「助成を受けられればいいな」程度で考えているケースが多いといいます。 当の鉄道会社もまた、需要が減退した新幹線の長距離利用に代わり、短い距離で新幹線を使ってもらう施策を打ち出しています。

 JR西日本が金曜と土休日に設定している「新幹線 近トク1・2・3」などはその代表例。山陽新幹線の3駅までの区間限定で自由席を割り引くもので、在来線を利用する人をターゲットにしています。JR西日本の担当者は「高速バスとも対抗できる価格です。スピーディーにさっと移動でき、分散乗車にもつながります」と話します。 ちなみにこの「近トク」、月曜から木曜は設定されていないことからも、通勤利用は必ずしも想定していないといいます。JR神戸線の通勤特急「らくらくはりま」などと競合してしまうこともありますが、「平日の通勤には、すでに多くのお客様が乗っておられますので」とのこと。やはり、“たまの出社は新幹線で”と考える人が増えているのかもしれません。

【航空写真】のどか? 都会? 岐阜羽島駅周辺

0

externallink関連リンク

各駅停車で385km、8時間21分「日本一長い鈍行」 ひとつはもう乗れない可能性 本当に「コンビニもない」? 東海道新幹線・岐阜羽島駅、その大きな役割とは 発車1日たった11本、山間のターミナル備後落合駅に変化 乗客増の陰に地元の支え
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)