羽田空港 国内線発着の第1&第2ターミナルに「PCR 検査センター」開業へ 最短15分検査も

サービスが「いたれりつくせり」です!

T1&T2に1か所ずつ

 羽田空港を運営する日本空港ビルデングと木下工務店は、2021年4月10日(土)から、羽田空港の第1ターミナルと第2ターミナルそれぞれに、常設型の「新型コロナ PCR 検査センター 羽田空港店」を開業すると、8日(木)に発表しました。

 この「新型コロナ PCR検査センター 羽田空港店」は木下グループが展開するもので、第1ターミナル店の4階、第2ターミナル店の地下1階に設置されます。 これらの施設では、1900円で受けられる従来の唾液によるPCR検査に加え、国内線の出発前利用も想定し、約15分で検査結果がわかる、クイック検査(鼻腔拭い液による抗原検査)を、1800円で新たに提供。検査結果書類もその場で発行します。PCR検査とクイック検査のセットも3000円で提供します(価格は税込み)。なお、陽性の疑いとなった場合には、提携医療機関の紹介や専用車両による搬送サービスにも対応します なお、唾液によるPCR検査は、羽田空港店の施設内には検査所(厚生労働省より認められた衛生検査所)が併設されており、最短2時間で検査結果を通知できるとのこと。検査精度を可能な限り高めるため、2種類の検査機器を使用してWチェックする体制がとられます。 日本空港ビルデングは「出発前および帰着後、精度の高い検査を取り入れていただくことで、ご本人はもちろんのこと、旅先・帰省先の皆さまにも、安心して会うことができるようになります。ビジネスにおいても、結果のすぐわかる検査をご活用いただくことで、急な出張などにも安心して対応できるようになります」としています。

0

externallink関連リンク

羽田空港A・B・C・Dの4滑走路 着陸時どこに降りるか分かる?使い分けの「法則」とは 羽田空港かつての名物「羽田カーブ」とは? 低空で急旋回しつつC滑走路へ北から着陸 水もサボテンもさば缶も 空港で泣く泣く手放した手荷物は? 保安検査の思い出を聞いた
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)