チェルシーMFマウント、CL初ゴールに歓喜「この瞬間を待っていた」

 チェルシーに所属するイングランド代表MFメイソン・マウントが、チャンピオンズリーグ(CL)で初ゴールを決めたことに喜びを語った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 CL準々決勝ファーストレグが7日に行われ、チェルシーはポルトと対戦。32分に見事な反転からマウントが先制点を決めると、85分にはベン・チルウェルが追加点を挙げて2-0で勝利。貴重なアウェイゴールを2点奪い、先勝した。

 昨シーズンにCLデビューを果たしたマウントにとってはCL出場15試合目で待望の初ゴール。また、データサイト『OPTA』によると、22歳87日でのCL決勝トーナメントのゴールはチェルシー史上最年少記録となった。

 勝利に貢献したマウントは試合後、「とても重要な試合だった。個人的にも初ゴールを決められて良かった。長い間この瞬間を待っていたし、とても嬉しく思っている。クリーンシート(無失点試合)で大きな勝利を手にして、セカンドレグへ向かうことができる」と喜びを口にした。

 それでも、「まだ試合は終わっていない」ことも強調したマウント。「まだ僕たちが勝ち抜けたわけでない。ただ、半分が終わっただけで、まだハーフタイムだ。ここに戻ってきて、再び戦わなければならない。それが突破のためには一番重要なことだ。今夜と同じようなメンタリティでセカンドレグに臨む必要がある。僕たちは勝ちたい。再び勝利のために全力を尽くしたいと思う」と13日に行われるセカンドレグに向けて意気込みを語った。

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)