触ると運勢うなぎ登り? 千葉県我孫子市

 千葉県我孫子市は、市制施行50周年を記念して、ウナギをモチーフにした市マスコットキャラクター「手賀沼のうなきちさん」の石像を制作した。星野順一郎市長は「触っていただくことで、運勢も『うなぎ登り』と言ってくれるようになることを期待する」と話している。
 石材には御影石を使用。手のひらや足の裏を触れるように、座った姿を再現した。高さ53センチで、重さは約60キロ。イベントなどでの活用を視野に、石像としてはコンパクトで、移動可能なサイズとした。当面は市内公共施設などでの一般公開を予定している。
 市制施行50周年を迎える昨年7月までの完成を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う式典延期に合わせ、制作時期を変更。3月18日に完成した。【もぎたて便】

〔写真説明〕市制施行50周年を記念して作成された「手賀沼のうなきちさん」の石像=3月30日午前、我孫子市役所

+2

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)