マンCがデ・ブライネと2025年まで契約延長! 「これ以上の幸せはない」

 マンチェスター・Cは7日、ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネとの契約を2025年6月30日まで延長したと発表した。

 現在29歳のデ・ブライネはチェルシーやブレーメン、ヴォルフスブルクなどを経て、2015年夏にマンチェスター・Cへと完全移籍した。マンチェスター・Cでは公式戦通算253試合に出場して64ゴール105アシストを記録し、2019年の国内3冠など数々のタイトル獲得に貢献。また、2020年にはイングランドのプロサッカー選手協会(PFA)による年間最優秀選手賞に輝いた。

 デ・ブライネは発表に際し、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「これ以上の幸せはないよ。2015年にシティに加入して以来、自分の家のように感じているんだ。ファンを愛しているし、家族もここマンチェスターに馴染んでいるよ」

「このサッカークラブは成功に向けての体制が整えられている。自分のパフォーマンスを最大限に発揮するために必要なものをすべて提供してくれるから、今回の契約は簡単に決まった。僕は今、自分のキャリアの中で最高のサッカーをしているし、正直なところ、まだまだこれからだと思っている」

「ペップ(ジョゼップ・グアルディオラ監督)と僕は、サッカーを同じように捉えています。目的が完全に一致していて、同じことを望んでいるので、監督との関係を持つことは僕にとってとても重要だ」

「今の僕の焦点は、今シーズンを成功に終わらせることさ。これまでの結果とパフォーマンスは素晴らしいものだったけど、僕たちにふさわしいタイトルを手に入れてシーズンを終える必要があるんだ」

0

externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)