宗教と食の深いつながり キリスト教によって生まれたお菓子とは

宗教と食は密接に関係している。たとえば、仏教では、動物の殺生を禁じられていたため、精進料理が生まれた。曹洞宗の大本山である永平寺では、開祖である道元の教えに基づいて、炊事も仏道修行の一環とされている。イスラム教では、戒律に基づいて、豚肉やアルコールを口にすることが禁じられている。インバウンド需要の高まりで、近年では日本でもイスラム教徒向けのハラルフード認証の飲食店も見かけるようになった。

■食は宗教によって制限されていると思われがちだが

宗教から生まれた食文化は「戒律によって食べるものが制限された、質素で厳しいもの」と思われるかもしれない。しかし、「食」は制限されるばかりのものではなく、我々の生活を豊かにしてくれるものである。菓子店でよく見かける焼き菓子などは、キリスト教に由来するものも多くある。今回は、キリスト教とお菓子の歴史について触れたい。

■キリスト教と食のかかわり

4世紀ごろ、世間から隠遁し、イエス・キリストの教えを実践するための組織が誕生した。やがて修道院が建てられるようになり、その中で共同生活を送りながら働き、祈るという修道生活の基盤ができあがるようになった。

修道院は領主として土地を支配しており、農民から小麦やぶどう、蜂蜜などを納めさせていた。また、自分たちも労働は祈りの一環として、農作業や家畜の世話を行い、パンやお菓子を作っていた。お菓子については「神と人間をつなぐもの」として食されていた。また、十字軍遠征をきっかけに、イスラム教から砂糖や香辛料が流入し、お菓子にも使われるようになっていった。

■キリスト教から生まれたお菓子たち

特にキリスト教の祝日は、お菓子を食べて祝う習慣があり、時期が近付くと街にお菓子があふれるようになる。日本でもクリスマスに食べられる、丸太を模したケーキであるブッシュドノエルは、キリストの生誕時に暖炉で薪を燃やしたことが由来とされている。近年、日本でもその人気が出てきたカヌレは、フランス伝統の焼き菓子で、16世紀にボルドー地方の女子修道院で作られていたとされている。

■日本で広く認知されているキリスト教のお菓子

日本にも修道院は全国各地に存在し、現在も修道女・修道士たちがお菓子を作って販売している。インターネットでの販売を行っている修道院も多くあり、家庭でその味を楽しむことも可能だ。祈りを込めて作られたお菓子たちを、ぜひ味わってみてはいかがだろうか。

■参考資料

■「一冊でわかるキリスト教」船本弘毅・監修(成美堂出版)
■「フランス菓子からみる歴史」池上俊一(UTalk Report)

0

externallink関連リンク

仏飯とは仏様に食べてもらうためのご飯?仏飯をお供えする意味とは?なんとなく食事をするのでなく本当に食べたいものを食べているか牡丹が咲く春の彼岸には牡丹餅 萩が咲く秋の彼岸にはおはぎ北海道や東北で知られる御黒飯とは?いつ食べる?お赤飯と何が違う?
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)