ドイツ空軍のC-160「トランザール」輸送機 2021年末に退役予定 エアバス

フランスではまだまだ飛び続けます。

独仏共同開発の輸送機 最後の定期整備終了

 ヨーロッパの航空機メーカーであるエアバスは2021年4月2日、C-160「トランザール」輸送機の最後のオーバーホールを終え、ドイツ空軍に引き渡したことを明らかにしました。

 ドイツ空軍は2021年を持ってC-160を退役させる予定で、今回の発表はそれに沿ったものとのこと。なお、これに合わせて、ドイツ南東部のマンヒングにあるエアバスの軍事航空システムセンターにあるC-160のうち1機に、スペシャルマーキングを施しています。 C-160「トランザール」輸送機は、ドイツとフランスが共同開発し、1963(昭和38)年2月25日に初飛行した双発エンジンの軍用輸送機です。計214機生産され、南アフリカやトルコ、インドネシアなどにも輸出されました。 当初、ドイツはエアバス製4発軍用輸送機A-400Mの導入により、C-160を2018年に退役させる計画でしたが、A-400Mの開発遅延により、現役運用を2021年まで伸ばしました。なおフランスやトルコなどでは、運用は続きます。

0

externallink関連リンク

多数の車輪で不整地もOK! 愛称「ムカデ」の輸送機 Ar.232が幻の傑作機になったワケ 世界の巨大航空機3選 自衛隊も使うチャーター機やスペースシャトル運ぶための巨人機も 空自の国産輸送機C-1とC-2を乗り比べ トイレにも見えた数字に表せない両機の違いとは
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)