アマだってできる! 山下美夢有の元世界1位二人との共通点【辻にぃ見聞】

国内女子ツアー「ヤマハレディース」は稲見萌寧の今年2勝目で幕を閉じた。2位には19歳の山下美夢有、4位タイには22歳の高木優奈、21歳の鶴岡果恋とフレッシュな面々が上位に名を連ねた。トップ5人の平均年齢は21.16歳。なぜ、今年のヤマハレディースは若い選手たちが活躍できたのか。上田桃子らを指導する辻村明志コーチが分析する。

■例年よりもスコアが出るコンディション 攻めなければ勝てない
舞台となった葛城ゴルフ倶楽部といえば、小樽カントリー倶楽部と並ぶツアー屈指の難コース。井上誠一設計特有の砲台グリーンは「手前から攻めたもの以外はノーチャンス、いかにボギーを打たないかが大事」というのが定説だった。だが、今年はトーナメントレコードの稲見をはじめ、3人が二桁アンダー。大会史上でも類を見ない伸ばしあいとなった。こうなった理由を辻村氏は3つ挙げる。

「葛城だけに限ったことではないですが、今年は芝のコンディションがどこもいいんです。だから、例年ならラフまで転がってしまうようなグリーン奥でも、芝が元気だから左足上がりのところで止まってくれた。そして芝がいいからボールが浮いて打ちやすい。もう一つ、試合週の月曜日に雨が降ったこともあって、グリーンが例年よりもソフトでした。もちろん、それでも難しいことには変わりませんが、ベテラン選手が予想していたスコアよりも出ていたので計算が狂った部分があったでしょう。一方で葛城の怖さをあまり知らない若手たちは行けるところまでガンガン攻めていった。その結果が今年の順位だと思います」

■稲見萌寧のショットはまるでパター フェースは絶対真っすぐに当てる
その象徴が稲見だ。2日目終了時はトップと9打差の24位タイ。そこから連日の「66」で華麗に逆転を決めた。「すでに今年優勝しているからか、余裕というか貫禄がありましたね。ショットが良くて、パターが決まればこういうスコアを出せる状態でした」。そのショットはまるでパッティングのような繊細さがあるという。

「稲見さんの何がうまいってインパクトでフェースをボールにまっすぐ当てることです。考えてみてください。ショートパットを打つときは誰もがフェース面とボールを1ミリもずらさずにスクエアに当てようとしますよね?稲見さんのショット時のフェースはそのくらいスクエアです。そして、そこから左に低く振り抜ける。つまりフェースに長くボールを乗せることができる。だから出球をコントロールできて、かつ力強い球を打てる理由がそこにあります」

■山下美夢有の元世界1位二人と共通するテンポ
そんな稲見には敗れたが、4日間一度もオーバーパーを打たずに2位に入った山下。「スイングがオンプレーンで体の回転が止まらないところもいい」というスイング技術もさることながら、辻村氏が目を見張ったのがプレーのテンポ。本人が「あまり時間かけると思ったようなスイングができない。リズムよく振るようにしている」と話した部分に辻村氏も良さを感じた。

「山下さんは打つまでのルーティン、テンポがすごくいい。何がいいかというと判断力と決断力。セットアップするまでに迷いがないからスッとアドレスに入れる。変な動作がまったくない。だからこそ、スイングリズムも良くなるんです」

奇しくも今週は海の向こうでも迷いがなくなり、テンポを取り戻した元世界1位の二人が活躍した。海外女子メジャー「ANAインスピレーション」で最終日に「62」を出したリディア・コ(ニュージーランド)は「今週は必ず100%の確信を持って打つことを徹底した」と言った。

また、米国男子ツアー「バレロ・テキサス・オープン」で4年ぶりの復活優勝を遂げたジョーダン・スピース(米国)にも辻村氏は同じことを感じた。「“決めたら打つ”というのが彼の良さ。キャリアを重ねる中でそれが難しいときもあったと思いますが、今回はいいときのそれでした」と迷いが消えていた。

「このことはアマチュアの方々でもできることです。レベルは関係ありません。決断する、迷いをなくすということは、みなさんが思っている以上に難しく勇気が要ることです。山下さんも様々な経験を経て、難しくなるときがくるでしょう。それは上に行こうとすれば当然のこと。それありきでどこまでトライができるか。結局は難しく考えすぎないことが大事なんです。みなさんもできる限り余計なことを考えず、迷いを持たずにアドレスに入ってみてください。それだけでスイングが劇的に変わると思いますよ」

解説・辻村明志(つじむら・はるゆき)/1975年9月27日生まれ、福岡県出身。ツアープレーヤーとしてチャレンジツアー最高位2位などの成績を残し、2001年のアジアツアーQTでは3位に入り、翌年のアジアツアーにフル参戦した。転身後はツアー帯同コーチとして上田桃子、山村彩恵、松森彩夏、永井花奈、小祝さくら、吉田優利などを指導。様々な女子プロのスイングの特徴を分析し、コーチングに活かしている。プロゴルファーの辻村明須香は実妹。ツアー会場の愛称は“おにぃ”。

0

externallink関連リンク

■ヤマハレディース 最終結果 ■これでパーオン率激増!稲見萌寧のアイアンレッスン! ■ANAインスピレーション 最終結果 ■バレロ・テキサス・オープン 最終結果 ■「記念碑みたいな優勝」戻ってきたジョーダン・スピース【舩越園子コラム】
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)