哲学者・三木清の「人生論ノート 死について」から考える生と死

哲学者・三木清(1897年-1945年)の著書の中で、最も読まれているのが「人生論ノート」だ。1938年から1941年まで「文学界」で掲載されたエッセイをまとめた著書である。「死について」に始まり、「幸福について」「懐疑について」……などと23のテーマについて分かれている。どのテーマも、生きていく上で誰もが直面するものである。その中でも、初回のテーマは「死について」である。どうして最初に「死について」なのか、彼は「死」をどのように捉えていたのか、そしてそこから現代社会をどう捉えるか、紐解いていきたい。

■人生論ノートの「死について」が書かれた当時の時代背景

『近頃私は死といふものをそんなに恐しく思はなくなつた』という書き出しで本書は始まる。「死について」が書かれたのは、前年(1937)年に勃発した日中戦争が拡大の一途をたどっていた年であった。このとき、三木は41歳であり『愛する者、親しい者の死ぬることが多くなるに從つて、死の恐怖は反對に薄らいでゆくやうに思はれる』とも記されている。時代背景に加えて、近親者の死に遭遇する場面が増えたことが、このテーマから始まる動機になっていると考えられる。

■生と死は表裏一体

三木は本書の中で『今日の人間の多くはコンヴァレサンス(病氣の恢復)としてしか健康を感じることができないのではなからうか』と考えている。また、別の著書では、『生に対して絶対的な『他者』である死こそ、生を全体的に眺める唯一の立場』と記している。病気になって初めて健康のありがたさが分かるように、死の立場からこそ生が全体的に把握できるというのが彼の考えだ。

■死が恐ろしいのは、死そのものではなく、死の条件によってである

現代に状況を置き換えてみる。前年度から感染が拡大している新型コロナウイルスは、未だ終息が見えない。本書が書かれた時代と状況は違えども、死がより身近になり、不安が広まっている世相である。病気や死を「新型コロナウイルスの蔓延する社会」だとすると、まさに「病気の恢復(=新型コロナウイルスの終息)でしか正常な世界を感じることができない」世の中となっているのではないだろうか。

また、三木は「孤独について」の項目で「死が恐ろしいのは、死そのものではなく、死の条件によってである」とし、死や孤独を「その条件以外にその実体を捉えることのできぬもの」として死に対する恐怖を述べている。目に見えないウイルスに対しても、同様の捉え方ができるのではないだろうか。死について、健康について、生について、改めて考えさせられる時代となっているといえるだろう。

■最後に…

本コラムは「死について」という項目について取り上げたが、本書は「死」以外にも様々な、生きていく上で直面するテーマについて取り上げられている。また、1つのテーマについて数ページずつとそれほど長くなく、それぞれが独立したテーマとなっている。どのテーマからでも読むこともできるし、興味のあるテーマをピックアップして読んでもいい。刊行から80年を経ているが、現代でも読み解く意義のある名著である。

■参考資料

■「100分de名著 三木清『人生論ノート』」岸見一郎(NHKテキスト)

0

externallink関連リンク

「東西医学と自然哲学」ーー陰陽五行説と西洋占星術の関係性とは真言宗の開祖である弘法大師・空海の即身成仏と現実肯定の哲学
externallinkコメント一覧

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)