大相撲部屋

速報はこちらで
http://www.sumo.or.jp/

※コメントを投稿する際は「コメントのルール」を一読ください。
※誹謗中傷、なりすまし、相撲に直接関係ないコメントは「NGコメント」、以上の行為を繰り返すと「NGユーザー」の対象となります。

※コメントの確認・サイト掲載時間は9時~23時の間のみです。またコメント反映までは10分から1時間程度を目安としてください。
※フィーチャーフォン(ガラケー)の投稿機能に関しましては、動作を保証するものではありませんのでご了承ください。

externallinkコメント一覧

大相撲部屋 へのコメント 894件 』

  • 投稿者:匿名

    昼休み自作お弁当食べて、ここを見たら…
    まだやっている方がいるんだね!
    信じられない!協会に言って下さい。

    おばちゃんは穏やかに、相撲の話、情報を語りたいだけ。
    勿論批判はありだけど、悪口、中傷はやめてほしい。
    やっと穏やかになったかなと思うと、又始まりエンドレスだよ。段々嫌になってくるわ!!どんな考え方しとるのか理解できない。
    こういう事言うのも嫌だから、白鵬批判は以後相撲協会にしつこくして下さい。
    雨が降る寒い月曜、皆さんも体気を付けて下さい。

    6+
  • 投稿者:匿名

    ここは力士の悪口や誹謗中傷を言うコーナーではありません。
    苦言や批判と悪口、誹謗中傷とは違います。
    高尾のおばちゃんも何か言ってやって下さい。

    7+
  • 投稿者:匿名

    完全ガチンコなら大乃国や稀勢の里は優勝10回以上してたとでも言いたいのか?

    3+
  • 投稿者:匿名

    今年のアマチュア横綱は近大4年の谷岡倖志郎選手となりました。
    本人はプロ入りしない意向を示しており、3年連続アマ横綱がプロ入りしないことになります。

    7+
  • 投稿者:匿名

    江戸の無双力士・雷電は強過ぎて、張り手・閂・突き手が禁じ手とされたとか。
    白鵬も張り手・かち上げ・駄目出しを禁じよう。したら反則負けな。

    禁じ手を設けるのは、雷電と同格と認められるんだぞ。
    寧ろ白鵬には栄誉な事。

    14+
  • 投稿者:匿名

    注射相撲での勝利を抜きにすると  優勝回数30回以上は、大鵬だけ。
    だから、優勝回数の上位は 大鵬、北の湖、貴乃花、輪島、双葉山、武蔵丸、曙となるだろう。

    20+
  • 投稿者:匿名

    稀勢の里は下手に横綱にされて気の毒だったな。
    正義の日本出身横綱が欲しいとの世論に押されて無理矢理横綱にされ、怪我で真っ向勝負に拘る自分の相撲が取れなくなったら同情されまくり。
    大関のままだったら間違いなく名大関と言われていただろうがな。

    6+
  • 投稿者:KON

    温故知新・大相撲カレンダー12月1日
    1984昭和59年12月1日
    無類力士:雷電為右衛門の生家復元・完成記念祝典が披露されました。
    住所 〒389-0512 長野県東御市滋野乙1981-2
     雷電(本名:関 太郎吉)は、関脇付出しで初土俵を踏んだその場所で初優勝(相当)という衝撃デビューを果たしてから丁度八年が経過した1798寛政10年、自分の生家を建てなおしました。少年時代にお世話になった長瀬村(現上田市長瀬)の庄屋、上原源五右衛門家よりひとまわり小さく建て直しており、人情家で義理堅い雷電の一面を窺うことができる。
    <> 
    建築費の50両、竣工祝いに建築費と同額の50両で大盤振舞いをしたと伝えられている。雷電の書いた旅日記には、1800寛政12年夏、帰郷の節に建築費の借用金50両程と酒屋の借用金28両を支払したことが記されている。
    現在の生家は、1984昭和59年雷電の建てた家が老朽化し関係者の協力で生家の復元がされ、東御市の文化財として公開されている。
     1. 雷電のお墓  : 生家から600m、金子の集会所を目指してください。 徒歩なら5分
     2. 力士雷電の碑  : 生家から800m
    3. 東御市役所市庁舎前の雷電像  : 生家から5km
     4. 雷電資料館と力士像(「道の駅雷電くるみの里」付設) : 生家から880m
    雷電為右衛門の墓について
    雷電は1825文政8年に59歳で亡くなりましたが、遺骨は江戸赤坂三分坂の松江藩ゆかりの報土寺に葬られ、遺髪は大石村、松江市西光寺に分葬されたと伝えられています。
    お墓は、信州小諸の生家からすぐそばにもありますが、愛妻八重の生家近く(千葉県佐倉)や、力士として空前絶後の活躍したのが江戸だったことから東京・赤坂の報土寺、出雲国のお抱えにとりあげてくれたおかげで武士の扱いを受けることができたということで島根県松江の西光寺にもあります。

    17+
  • 投稿者:匿名

    25日、横綱審議委員会から取り口が見苦しいと批判された横綱白鵬。史上最多の43回目の優勝を果たしたものの、遠藤に対する右腕から繰り出された“かち上げ”ならぬ“ひじ打ち”は、「もはや相撲ではない」と言われる始末……。
     両国国技館で行われた横審の定例会合では、矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)が、「張り手やかち上げは、ちょっとやり過ぎではないか。横綱として見苦しいと多くの意見が出た」と苦言を呈した。さらに、「43回の優勝は史上最高の実力者で大横綱になっていると思うが、名横綱と言われる存在になってほしい」と異例の要望をした。
     実際、九州場所15日の取り組みのうち、白鵬がかち上げ、もしくは張り手を使ったのは、10日にも及んでいる。
    初日~北勝富士・右かち上げ。   2日~大栄翔・右かち上げをかけるも、大栄翔に読まれ空振り。押し出されて黒星。
    3日~朝乃山・右から張り手。     6日~明生・左から張り手。
    8日~玉鷲・左から張り手。       9日~琴勇輝・左から張り手。
    12日~遠藤・左から張り手、右かち上げ、右から張り手。  13日~阿炎・左から張り手。
    14日~御嶽海・右から張り手。    千秋楽~貴景勝・左から張り手。
    「かち上げや張り手は、本来、大関以下が使う技で、横綱が10日も使っていたなんて前代未聞ですよ」  と呆れるのは、ベテラン相撲記者。
    「特に酷かったのが、12日目の遠藤との取組。立ち合いで白鵬は左の張り手。そして右のかち上げで遠藤の顔面をねらい、サポーターをこすりつけるように打っていた。さらに、また顔面をねらった右の張り手です。遠藤は戦意喪失したように腰砕けになって前へ落ちました。これはもう相撲ではないですよ」
    異種格闘技  白鵬の右手から繰り出すかち上げは、厳密に言えば「かち上げ」とは呼べないという。 「かち上げとは、腕を鉤状に曲げ、相手の胸板や顎の下をめがけて突き上げるように体当たりする技です。ただの体当たりでは威力がないので、腕を使うわけですが、白鵬は体当たりしていない。ひじで打っているだけです。プロレスのエルボースマッシュですよ。ひじ打ちは反則とはなっていませんが、グレーゾーンですね」(同)
     白鵬が右腕にサポーターをつけるのは、右ひじの古傷のせいだとされている。
    「幕下時代に、ひじを故障していました。白鵬は、左手で上手を取り、右手で差す右四つですが、右手で差す時、腕を曲げずに差していた。これは棒差しといって、ひじを痛めやすいのです。それで、サポーターをするようになったのですが、3年ほど前から、そのサポーターが異常に硬くなった。しかも、2重に付けている。特注品で、それが今や“武器”になっていますね」(同)  週刊新潮(2018年2月1日号)では、この特注サポーターについて詳しく報じている。一部を引用すると、 〈白鵬が使用しているサポーターの“ベース”になっているのは、あるメーカーの製品である。 「映像を見る限り、白鵬関は一般の方が膝にするサポーターをひじに装着している。使い始めたのは2、3年前からのようです。内側の物はウール素材で、色はオフホワイト。外側にしているのは強圧迫サポーターと呼ばれる物です」そう説明するのは、そのメーカーの担当者。
    「強圧迫サポーターは、つけている部分を強く締め付ける物で、力を入れやすくなり、添え木のような効果があります。素材はレーヨン、ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン。ナイロンはかつて釣糸にも使われていた素材で、シャリシャリした手触りが出ます。顔に当たった場合、厚みがあるので、硬く感じるでしょうし、痛いと思います。また、繊維の編み目が比較的粗いので、こすれると摩擦で痛いはずです」〉
     それにしても、なぜ白鵬が“ひじ打ち”を多用するようになったのか。
    「横綱が精神的にも体力的にもピークに達するのは27~28歳頃だと言われています。彼は29歳頃から張り手やかち上げを多用するようになりました。つまり、体力が落ちてまともな相撲では勝てなくなってきたからですよ。白鵬の立ち合いは、典型的な右四つですが、踏み込む時、以前のような力が出せなくなった。それで、張り手やひじ打ちで勝機をつかむようになったのです。脇が開いて差し込まれるという欠点もありますが、“特注サポーター”という武器を装着して、一撃必殺を狙ったのではないでしょうか」(先のベテラン記者)       これでは、大相撲というより異種格闘技だという。 「朝青龍や日馬富士も張り手が得意でした。日馬富士の場合は、張り手というよりびんたに近かった。そういうモンゴル式の見苦しい相撲を完成させたのが白鵬といえますね。日本人が好む土俵の美学とは大きくかけ離れてしまいました」(同)  来年の東京五輪まで現役続行したいと言っている白鵬。今年の43勝で自信がついたのか、2、3年後に50勝を目標に掲げた。エルボースマッシュで達成なるか。

    16+
  • 投稿者:SAI

    月刊相撲と大相撲ジャーナルの
    決算号が発売中です♪
    投げ技の写真は面白いです♪
    でも初日の十両の相撲で天空海さんが決めた右の
    掛け投げの写真も載せて欲しかったです!
    あんなに派手に決まったので驚きました!
    皆さんはどういう技が好きですか?

    5+
  • 1 2 3 4 5 90

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)