大相撲部屋

速報はこちらで
http://www.sumo.or.jp/

※コメントを投稿する際は「コメントのルール」を一読ください。
※誹謗中傷、なりすまし、相撲に直接関係ないコメントは「NGコメント」、以上の行為を繰り返すと「NGユーザー」の対象となります。

※コメントの確認・サイト掲載時間は9時~23時の間のみです。またコメント反映までは10分から1時間程度を目安としてください。
※フィーチャーフォン(ガラケー)の投稿機能に関しましては、動作を保証するものではありませんのでご了承ください。

externallinkコメント一覧

大相撲部屋 へのコメント 2,950件 』

  • 投稿者:KON

    ビッグマウスながら、やる時は やる!

    サッカー日本代表の堂安選手は大相撲の阿炎関とイメージがダブってしまいます。
    顔つきも少し似ているような。

  • 投稿者:匿名

    安美錦の安治川親方が伊勢ヶ濱部屋から独立し安治川部屋を創設します。
    となると伊勢ヶ濱部屋は将来的には照ノ富士が継ぐのでしょうか?

  • 投稿者:匿名

    朝乃山が十両に上がる事が決まったそうです
    大銀杏に結った姿をまた見られますね
    もう幕下までの黒い回しは付けたくないでしょう
    十両の土俵入りと取組みが楽しみです

    力士の場所入りの様子の見学は
    来年もまだ禁止でしょうか?
    見られたなら、朝乃山の場所入りの姿を見たいです
    同期の豊山が引退して、豊山の分まで頑張って欲しいです

  • 投稿者:匿名

    高安ショックと相撲ロスでこ元気出ない!
    ほんとに心配だね。
    北の富士さんもコラムで来年はもう無理なんて言っていたので、そちらもショックだね!北の富士さん居なくなったら相撲みんわ。
    仲間も皆きにしてる。
    力ぬけるね

  • 投稿者:KON

    高安は大丈夫だったのでしょうか?
    千秋楽に脳震盪をお越し屈っ伏したままうごけなくなっていた高安。
    巴戦が終わってないので東の控えに座って次の取組を待っていたようですが、貴景勝vs阿炎の取組の最中に医師らしき人によるメディカルチェックがされていたのか? 映像で見る限り、それは一切なかったようで、次も土俵にあげていたでしょう。
    大相撲では昨年も、痛ましい事故が起こっていた。
    当時三段目の響龍が取組中に頭から土俵に倒れ、そのまま動かなくなり、その後死亡するという事故が発生しました。
    響龍が倒れてからから5分以上も医療措置が取られなかったことが判明しており、協会は、脳震盪の対応については問題意識を高く持っていたはずだ。
    そんな中、今回、優勝決定巴戦の最中に脳震盪が疑われる事態が発生。
    これは明確に警鐘が鳴らされていると捉えて良いだろう。
    今回の九州場所のような地方場所の時に、両国の相撲診療所の医師が博多へ・大阪へ・名古屋へ…と同行しているのだろうか?
    若しくは、博多・大阪・名古屋在住の医師と契約して開催期間中に本場所に観戦がてら緊急時に備えることをしているのだろうか?
    恐らく、どちらもやってないでしょう。
    これは地方巡業でも同じこと。
    そういったことから協会は変えていかなければいけませんよね。

  • 投稿者:KON

    横綱審議会の委員長が、もしも貴景勝が初場所で相当いい成績なら綱獲りとなる可能性を明言しました。
    貴乃花の直弟子の貴景勝であり本来歓迎したいのですが、横審委員長の ちょっと意外な発言でした。

    横綱審議会の言うところの「昇進前3場所の成績」というのが、いつまでも そのままでいいのだろうか?
    陥落のない「横綱」は瞬間的な強さより 安定感が重んじられるべきと考えています。

    貴景勝は今年1年、50勝29敗11休み。
    この勝率.633 から年6場所90日に換算すると 59勝。
    ちょっと物足りないですねえ。
    来場所(初場所)で14勝しての優勝ならば、8勝・8勝・11勝・10勝・12勝・14勝となり 計63勝となるので勝率7割ちょうど。
    年6場所制度導入以降の横綱の中での平均値には達していない。やっぱりまだ弱いですねえ。
    初場所で全勝優勝なら直前3場所で37勝になるので一応 横綱昇進となるのでしょうが……

    ・・・
    因みに、歴代横綱の昇進前6場所の勝ち星トップ5は
    貴乃花  80勝
    隆の里  75勝
    稀勢の里 74勝
    千代の富士 73勝
    朝青龍  72勝
    以上が勝率8割以上。

    その他の横綱の昇進前6場所の勝ち星数は
    照ノ富士 66勝
    鶴 竜 66勝、
    日馬富士 68勝、
    白 鵬 59勝(15休)勝率.787 = 70.8勝、
    武蔵丸 68勝、
    三代若乃花 66勝、
    曙 57勝(15休)勝率 .760 = 68.4勝、
    旭富士 62勝、
    大乃国 68勝、
    北勝富士 68勝、
    双羽黒 68勝、
    三重の海 68勝、
    二代若乃花 70勝、
    輪 島 71勝、
    琴 櫻 56勝(14休)勝率.737 = 66.3 勝、
    北の富士 65勝、
    玉の海 63勝、
    栃の海 64勝、
    佐田の山 67勝、
    大 鵬 71勝、
    柏 戸 69勝、
    朝 潮 64勝。

  • 投稿者:匿名

    年寄名跡は定員105。
    横綱一代年寄制度は反対の流れ。
    横綱・大関特例の年寄は数年間の期間限定。
    準年寄制度なし。

    一方で年寄定年延長の流れ。
    今の方が年寄株は売買UPだから既得利権が強くなるな。
    改革待ったなし。

  • 投稿者:とくさ

    正代、厳しい大関陥落。
    初場所の10勝以上は、実力的には充分期待できるが、復帰しても大変。
    しかし高安同様、このままでは終われない。より逞しくなって欲しい。

    照ノ富士の手術、貴景勝もケガ気味と横綱大関は不安。
    でも若隆景と豊昇龍が台頭。これに阿炎や王鵬も加われば面白くなる。
    来年は、番付が一気に変わるかな。

  • 投稿者:KON

    四代豊山が突如 引退を発表しました。

    三段 100枚目付け出しでデビュー、初土俵で7戦全勝優勝、翌場所も幕下で全勝優勝。
    デビュー5場所目の新十両でも11番勝って番付を上げていき、デビュー8場所目には早くも新入幕。16場所目には大関高安を撃破、千秋楽には同期のライバルでこの場所で初優勝した関脇御嶽海にも熱戦の末 かけ投げで勝利して12勝、準優勝と敢闘賞。
    しかし左肘の怪我や右足靭帯損傷などの怪我が相次ぎ、その頃から股関節を傷めたのか、股割りや蹲踞の姿勢に難があり、最高位は前頭筆頭どまりでした。
    まだ29歳。
    早すぎる引退には驚きですねえ。
    引退後に協会に残るのか、別の人生を歩むのか…一両日中に会見で明らかにするようです。

    これで正代は、時津風部屋での唯一の稽古相手を失うことになったので、出稽古に精を出さざるを得なくなりますね。

  • 投稿者:匿名

    豊山が引退する事になりました。
    今場所は西十両4枚目で5勝10敗、まだ幕下に落ちる星ではありません。
    2016年春場所で新設された三段目最下位格付け出しの第一号でした。

  • 1 2 3 295

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)