大相撲部屋

速報はこちらで
http://www.sumo.or.jp/

※コメントを投稿する際は「コメントのルール」を一読ください。
※誹謗中傷、なりすまし、相撲に直接関係ないコメントは「NGコメント」、以上の行為を繰り返すと「NGユーザー」の対象となります。

※コメントの確認・サイト掲載時間は9時~23時の間のみです。またコメント反映までは10分から1時間程度を目安としてください。
※フィーチャーフォン(ガラケー)の投稿機能に関しましては、動作を保証するものではありませんのでご了承ください。

externallinkコメント一覧

大相撲部屋 へのコメント 2,737件 』

  • 投稿者:匿名

    匿名さんありがとう。
    近所に部屋があるといいね。
    礼に始まり、礼に終わるというから、親方には躾はきちんとしてほしいね。
    芸能人はよく分からないけど、こっちで有名なのは、サブちゃん、北島三郎さん。
    相撲部屋にもいってみたいわ。

  • 投稿者:匿名

    武隈部屋の前を通ったら、若い衆が二人いて九月も頑張って下さいと声かけたら、あざーすとか言って、そこはありがとうでしょうと思い少しがっかりしました。我が町の武隈部屋なので小さい事かもしれませんが、しっかり!と思いました。
    友人と暑いのでお茶しに喫茶店にはいったら、林寛子さんがいて、私はしらなかったけど近くでスナックをしてるとか、友人から聞きました。
    武隈親方に会いたいけど、現役時代応援してなかったから気が引けます。
    おばちやんリウマチにまけないで。
    うちの父も毎日の様に整形外科かよってます。
    御大事にね。

  • 投稿者:KON

    秋場所(9月11日初日、東京・両国国技館)に向け、今月15日から26日までを出稽古期間として発表されました。

    ・・・問題は、御嶽海と正代が出稽古をするのだろうか? という点につきます。

    “コロナ感染及び濃厚接触者は番付が据え置きで休める”という、曖昧なきまりにより、カド番で2勝4敗からの途中休場で大関から陥落するのを先送りすることができた御嶽海、
    やはりカド番で序盤五日間を1勝4敗だったのが、前傾姿勢での立ち合いに切り替えて7連勝し、最終盤には優勝争いをしていた横綱照ノ富士も下して大関の面目を保った正代。

    御嶽海はおそらく出稽古はしないでしょう。

    正代は、元白鵬から『支度部屋でもっと汗をかいてから土俵へ来い』と注意され、それから前に出る相撲が取れるようになった正代。
    ヒントをもらって勝ち星につながったのはいいけど、稽古嫌い・稽古不足を改善しなければ “カド番大関”から“クンロク大関”へ半歩前進するだけ。
    稽古嫌いで大関を張れるのだから真面目に稽古すれば、横綱昇進はすぐそこに見えてきます。
    あの北の富士さんも
    大関になって3年を過ぎ、綱獲りの期待もされず、万年大関と揶揄されることばかりでしたが、
    1969昭和44年夏巡業の頃から、大の稽古嫌いで知られていた北の富士が “人が変わったように” 稽古に打ち込んだ。
    その背景には、入門するまで1ヶ月間自宅に引き取って面倒を見てくれた人物である村上精一郎が脳軟化症で余命幾許もない(同年12月14日に死去)という状況があり、村上からは「お前が綱を張ることを信じている」と激励された。同年9月場所は玉乃島と最後まで優勝を争い12勝3敗、11月場所は13勝2敗で16場所ぶり2回目の幕内優勝を果たす。場所後に協会は北の富士の横綱昇進を横綱審議委員会に諮問したが、前年玉乃島の横綱昇進が否決されたときと比べて成績で劣ること、この場所14日目の麒麟児戦での黒星が悪印象であったこと等から、もう一場所様子を見るべきとして8人の委員全員の反対によって否決。
    横綱審議会全員の反対で否決という珍事でした。
    一人横綱であった大鵬の衰えが明らかであった為、内規を満たした北の富士を一応諮問した形であったが、事前の報道でも昇進見送りの公算が強く、昇進問題否決が伝えられると「九分通りあきらめていたのでがっかりはしないですよ」と北の富士さん。
    それでも11月場所後の九州地方巡業で、ほとんどの力士が悪天候と寒波で土俵に上がって来なかった中、北の富士はただ一人稽古を皆勤し数少ない関取たち全員と三番稽古をして連日たっぷり汗をかいていた。
    その巡業に帯同した大鵬が
    「“あれが本当に北の富士だろうか!?”と目を疑った。ワシも大関から横綱の頃にかけては人後に落ちない稽古をした自負はあるが、今の北の富士も稽古にはすごく熱が入っていた。今度の巡業で北の富士の稽古は本物だ と感じさせられる場面はかなりあった」と評するほどの熱心さであった。
    1970年1月場所は大鵬の休場で横綱不在となり「四人の大関のなかで誰が優勝してもおかしくない」と予想された場所を再び13勝2敗、優勝決定戦では本割で敗れた玉乃島を外掛けで破り連覇を達成。場所後の横綱審議委員会でも文句無しの評価を受け、玉乃島と共にようやく念願の横綱へ昇進したのでした。

    やる気になれば出来る!しかしなかなかやる気にならなかった北の富士さん。
    どこか正代に似てるところがありますね。

  • 投稿者:KON

    高尾の姐さん

    わかりました。
    お大事にしてください。

    時間をかけて悪くなった箇所は、焦らずに、時間をかけて根気よく治しましょう。

  • 投稿者:匿名

    阿武咲結婚。
    青森の同級生とか。
    おめでとう!

  • 投稿者:匿名

    分かりにくかったね。
    店を閉める原因にもなったリウマチがひどくなり、整形外科なんて行っても治らんと思ってたけど、家族から言われて通うようになったとの意味なんだけど、ごめんわかりにくいね。
    実際痛みはつらいからね。
    腰も膝も痛いけど老化現象だ。
    まだ高尾から国技館に行きたい気持はあるからね!

  • 投稿者:KON

    ん?

    高尾の姐さん

    『整形 頑張る』って?

    整形手術を受けてる ってこと?

    それとも整形外科とかでの勤務という意味ですか?

  • 投稿者:KON

    力士・親方のテレビ出演情報
    インタビュー ここから「元横綱稀勢の里 二所ノ関親方」
    NHK総合 8/11(木)
    朝6:30~6:53
    今年、ふるさと茨城に新たな部屋を開いた元横綱稀勢の里の二所ノ関親方。 自分の理想を込めたという部屋で、どんな力士を育てようとしているのか。 インタビューで迫る。

    ゲストは元横綱稀勢の里の二所ノ関親方。相撲人生を大きく変えた大けがについて聞くと、もう1回生まれ変わるなら、怪我をした後の自分になりたいと語った。
    「怪我をした後の自分に…」と語ったその思いとは。

    今年、ふるさと茨城に新たな部屋を開いた親方は、いま若い力士たちに何を伝えようとしているのか。そして、どんな力士を育てようとしているのか。
    大相撲中継担当の三輪洋雄アナウンサーがインタビュー。

  • 投稿者:匿名

    昨日は相撲の番組で、力士さんの普段の顔も垣間見られて楽しかったわ。
    力士さんにもここの方々も健康には気を付けてほしいね。
    おばちゃんも又国技館行ける様に整形頑張るわ。

  • 投稿者:SAI

    TBSの怪力バトルフィールド見ました!
    裏番組も面白そうな番組ばかりでしたが
    やっぱり見て面白かったです!
    妙義龍・佐田の海さん・平戸海
    境川部屋は動きが良かったです!
    阿炎も動きが良くてギャグも面白いです?
    これからも頑張って下さい♪

  • 1 2 3 274

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)